今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ダウンタウンの片隅に綺麗に咲くエノコログサとはこんなフラワーです

ノンカテゴリ

ダウンタウンの片隅に綺麗に咲くエノコログサとはこんなフラワーです
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
エノコログサ3
エノコログサ2
エノコログサ
エノコログサ


 エノコログサは世界の温帯から暖帯にかけて広く分布する一年草である。荒れ地や路傍、畑などに生育している。アレロパシー物質を分泌するとの報告もあり、荒れ地などでは一面に群生していることがあるのがうなずける。
 エノコログサの由来は「いぬころ草」の意味であり、穂の形が子犬の尻尾に似ているからであると言う。ネコジャラシと呼ばれることも多く、この穂で猫をじゃれさして遊んだことに由来する。猫だけでなく、子犬もじゃれさして遊ぶには、もってこいの植物かもしれない。英語ではエノコログサ属の植物を Foxtail grass と呼んでいる。キツネの尻尾草であり、着眼点はよく似ている。太さと質感からいえば、キツネのほうがふさわしいかもしれない。
 刺毛が紫色ものもがあり、ムラサキエノコロとして区別することがある。混生することもあり、最近は変異の一つとしてあまり区別しないようである。

出典 http://had0.big.ous.ac.jp

エノコログサ(狗尾草、学名:Setaria viridis[1])は、イネ科エノコログサ属の植物で、一年生草本である。ブラシのように長い穂の形が独特な雑草である。
夏から秋にかけてつける花穂が、犬の尾に似ていることから、犬っころ草(いぬっころくさ)が転じてエノコログサという呼称になったとされ、漢字でも「狗(犬)の尾の草」と表記する。ネコジャラシ(猫じゃらし)の俗称は、花穂を猫の視界で振ると、猫がじゃれつくことから。穀物のアワ(粟)の原種とされ、交雑もよくおこる
いずれも、道ばたや畑などで
 ふつうに見かける。
・夏から秋にかけて
 緑色の花穂をつける。

・「猫じゃらし」は、
 「狗尾草」の別名だが
 ふつうは「猫じゃらし」と
 呼ばれることが多い。

 この穂で、くすぐりっこをやる。
 猫の首のところを
 じゃらすと喜ぶところから
 「猫じゃらし」
 という名前になった。

1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

人気記事ランキング

新着記事

最新人気記事情報!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸