藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

ダウンタウンの片隅に綺麗に咲くヒガンバナとはこんなフラワーです

ノンカテゴリ

ダウンタウンの片隅に綺麗に咲くヒガンバナとはこんなフラワーです
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
ヒガンバナ3
ヒガンバナ2
ヒガンバナ
ヒガンバナ

22 - 彼岸花. 彼岸花とはよく言ったもので、巻頭ならお彼岸の秋分の日前後が旬の花だ。 田の畔に良く植えられているのは、球根にあるリコリンという毒素のおかげで野ネズミが穴を掘って作物を荒らすことから守るためとのことだ
ヒガンバナ属は東アジアに数種が分布し、日本にはキツネノカミソリ、ヒガンバナ、ショウキズイセン、ナツズイセンの4種類が野生で見られる。このうち、ヒガンバナ、ナツズイセンの2種については各地に群生がみられるが、ともに古い時代に中国から入って野生化したものと見られている。

●特徴
全草有毒な多年生の球根性植物。
高さ30~50㎝。茎の先に多数の花が集まり、直径10cmくらいの円形となる。おしべが長くよく目立つ。葉は晩秋に出て翌年春に枯れる

ヒガンバナ科の多年草で、日本全土に分布する。花期は9月。

 秋の彼岸の頃に一斉に花が咲くので、「彼岸花」の名が付けられた。花期が短く、田んぼの畦や土手などを赤色で埋め尽くすように咲いたかと思うと、間もなく姿を消してしまう。名前の通り、お彼岸の頃しか見ることができない花である。私の田舎では「キツネバシ」と呼んでいたが、たぶん方言の一つである「キツネバナ」から転訛したものだと思われる。花の名前につく「キツネ」には毒という意味があり、確かにヒガンバナは根(鱗茎)に毒を持つ毒草である。「曼珠沙華」はこの花の別名で、赤い花という意味の梵語(古代インドの言語)だそうである。墓場に生えることも多いことから、「ユウレイバナ」あるいは「シビトバナ」の方言もある。
 名前の由来からは少し外れるが、私が育ったのは海辺で、漁師がヒガンバナの白い鱗茎を利用してタコ(蛸)を釣っていた。タコには白いものに絡みつく性質があって、釣具店へ行くと白い瀬戸物と針を組み合わせた仕掛けをタコ釣り用として売っている。漁師が使っていた仕掛けも基本的にはこれと同じもので、瀬戸物の代わりにヒガンバナの鱗茎を半分に切ったものを使う。毒のあるものを使って釣ったタコを食べても大丈夫なのだろうかと本気で心配したものだが、中毒を起こしたという話は聞かなかったから、たぶん大丈夫なんでしょうねえ。

出典 http://www.asahi-net.or.jp

「季節の香り」9月 ヒガンバナです!

1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

人気記事ランキング

新着記事

最新人気記事情報!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう