稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

ダウンタウンの片隅に綺麗に咲くオヒシバとはこんなフラワーです

ノンカテゴリ

ダウンタウンの片隅に綺麗に咲くオヒシバとはこんなフラワーです
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
オヒシバ3
オヒシバ2
オヒシバ

■特徴・分布・生育環境
草丈30cm~40cmくらい、時に80cmほどになる1年草で、日当たりのよい道端や草地に普通に見られます。
一般にイネ科の植物は区別が難しく、専門家でも容易ではないようです。ただ、このオヒシバや近縁のメヒシバでは、花穂(果穂)が独特なので区別し易いほうです。
初秋から秋に、花茎を立て、茎頂に太さ4mm前後で長さ10cm前後のとても細長い花穂(果穂)を、放射状に3~6本つけます。
葉は、イネ科に多い線形で長さ10~20cmほどで叢生します。
本州以西から温帯~熱帯に広く分布しています。
多摩丘陵では、小道のわきや草地・畑地に普通に見られます

出典 http://www.geocities.jp

ヒシバ(雄日芝、学名: Eleusine indica[1])は、イネ科オヒシバ属の植物である。日なたに生える、それほど背の高くない一年生草本で、道端でもよく見かける雑草である。
和名は「雄日芝」の意味で、日なたに出る芝であるが、メヒシバに比べて逞しいことからの命名とのこと。オイジワとも表記する。別名をチカラグサと言い、茎が丈夫で引きちぎるのに力がいることからの名である由。
| トップページへ戻る |
■特徴・分布・生育環境
草丈30cm~40cmくらい、時に80cmほどになる1年草で、日当たりのよい道端や草地に普通に見られます。
一般にイネ科の植物は区別が難しく、専門家でも容易ではないようです。ただ、このオヒシバや近縁のメヒシバでは、花穂(果穂)が独特なので区別し易いほうです。
初秋から秋に、花茎を立て、茎頂に太さ4mm前後で長さ10cm前後のとても細長い花穂(果穂)を、放射状に3~6本つけます。
葉は、イネ科に多い線形で長さ10~20cmほどで叢生します。
本州以西から温帯~熱帯に広く分布しています。
多摩丘陵では、小道のわきや草地・畑地に普通に見られます。

■名前の由来
「シバ(芝)」の名は、線形の葉が叢生する様子から「細葉」の意味、あるいは「繁葉(しばは)」の意味であるとされています。「日」は日当たりのよい場所に生育することからで、「雄(お)」は、似たメヒシバの花穂(果穂)よりもずっと太く力強い印象があるので、「雌日芝(メヒシバ)」に対比させた命名です。

■文化的背景・利用
知られた詩歌や文芸などにはその名は現れていないようです。
江戸時代の貝原益軒による「大和本草」にその名が現れています

オヒシバです!

1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

人気記事ランキング

新着記事

最新人気記事情報!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ