今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ダウンタウンの片隅に綺麗に咲くオニドコロとは?!

ノンカテゴリ

ダウンタウンの片隅に綺麗に咲くオニドコロとは?!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
オニドコロ2
オニドコロ2

道端や雑木林の日当たりが良い場所などで見られる、
つる性の野草です。

花のない時期はぱっとしませんが、
夏~秋に花を咲かせて果実を付ける頃は、
比較的目に留まりやすいです。

ヤマノイモの仲間ですが、イモ(根塊)は苦くて、
そのままでは食用にはなりません。

そっくりな仲間にヒメドコロがあり、
こちらのイモは食べられます。

ツル性の多年草で、日当たりのよい林縁などによく
からみついています。肥厚した根茎には強い苦みがあり有毒です。

葉は、互生(互い違いにつく)です。

葉は長さ幅ともに10cm前後の円心形で葉先は
三角形状です。全体としてはハート型です

。似たヤマノイモでは、葉は(普通)対生(対になってつく)で、
細い三角形状の披針型です。

夏に、葉腋に雄花序と雌花序をつけます。

花序は細いひも状で、雄花序は直立し、
雌花序は下垂します。花序につく花は、
淡黄緑色でとても小さく目立ちません。

果実には、楕円形の翼があり果軸に連なってぶらさがります。

この翼は晩秋から冬にも淡褐色になったまま
残っているので結構目立ちます。

根茎は肥厚しますが、ヤマノイモや、
畑で栽培されるナガイモのように
イモ状の塊根にはなりません。

日本各地に分布します。

海外での分布は不明です。

多摩丘陵では、
日当たりのよい林縁や植林の幼木など
によくからみついています。

■名前の由来
「トコロ」の名の由来には
諸説がありますが通説はないようです。

古い時代には既に「ところずら」
などと呼ばれていたようです。

「鬼」は、根茎が苦くそのままでは有毒で、
食用にはならないことからのようです。

「野老」は、以下のようにヒゲ根の多い根茎の様子を
、腰が曲り鬚を蓄えた老人に擬(たと)え「野老」
と書き、海産の「海老(えび)」と対比させたもののようです。


ヒゲ根の多い根茎の様子を、
腰が曲り鬚を蓄えた老人に擬(たと)え
「野老」と書き、海産の「海老(えび)」
と対比させ、長寿の象徴として、ユズリハ、
ウラジロなどとともに正月に飾ったりします。

古事記に「野老蔓(ところづら)」
として現れているとされています。

万葉集に現れる「冬薯蕷葛(ところつら)」
はオニドコロであるとされています。

平安時代の「本草和名」や、
江戸時代の貝原益軒による「大和本草」
にその名が現れています。

■食・毒・薬
肥厚した根茎には強い苦みがあり
有毒で喉や胃腸の炎症を惹き起します。
ただ、古い時代には、救荒植物(飢饉などの際に食べる)として、
茹でて晒したりしてデンプンを取り出して食用にしたようです。
民間で、根茎を薬用にするようですが、未確認です。



オニドコロ(鬼野老)

学名:Dioscorea tokoro

 つる性の多年草。

ヤマノイモに似るが、
葉が互生であること、
ムカゴが付かないなどの違いがある。

7~8月、葉の脇から長い花序を出す。

雌雄異株。 雌株には秋に翼のある実が下垂する。

出典 http://asuzuki.la.coocan.jp

野草のオニドコロです!

1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

人気記事ランキング

新着記事

最新人気記事情報!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう