誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

ダウンタウンの片隅に綺麗に咲くサクラソウとは!?

ノンカテゴリ

ダウンタウンの片隅に綺麗に咲くサクラソウとは!?
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
サクラソウ2
サクラソウ

サクラソウ(桜草、学名:Primula sieboldii)は
サクラソウ科サクラソウ属の多年草。

日本のサクラソウ類の代表で、
日本では北海道南部、本州、

九州の高原や原野に分布し、
朝鮮半島から中国東北部へ

かけても分布するが、
野生の群落をみることは
まれになっている。

また埼玉県と大阪府の県(府)花
に指定されている。

江戸時代に育種が進み、
数百に及ぶ品種が作られた

古典園芸植物でもある[3]。

2005(平成17)年時点では297品種を後述の
「さくらそう会」が認定している[4]が、
この中には明治以降の作出品種も含まれる。

ニホンサクラソウ(日本桜草)ともいう。

また、サクラソウ属植物は世界中に約400種あり、
ホザキサクラソウ(Primula vialii) など一部を
除くと花の形や草姿に極端な違いがないので、
「サクラソウ」を総称とすることが多い。

したがって同属の他種が「サクラソウ」と
俗称されることがあり注意を要する。

園芸店で「サクラソウ」として売られている
植物としては西洋サクラソウ(P. polyanthus)、

オトメザクラ(P. malacoides プリムラ・マラコイデス)
、トキワザクラ(P. obconica プリムラ・オブコニカ)

などがあり、本種は少ない。

自生地では林間の湿性地や原野の草間に生え、
ときに群生する。地中に根茎があり、
春に発芽して5~6葉を根生し、
高さ15~40cmの花茎を直立させ、

5~10個の花をつける。葉柄は長く、
葉は楕円形でしわが多く、
縁に浅い切れ込みがあり、
葉や茎に白い軟毛が生える。

花は直径2~3cmほどで、
花弁が5個に深く裂け、
さらに各弁が半分近く裂ける。

淡紅色でまれに白花もある。

花後、球形の蒴果を結ぶ。

新しい根茎は地際にでき、
梅雨明けの頃、葉が枯れて休眠する。

夏の暑さと乾燥には弱いが、
日本の気候風土に合っており、
花は美しく清楚である。

自生地では林間の湿性地や原野の草間に生え
、ときに群生する。地中に根茎があり、
春に発芽して5~6葉を根生し、
高さ15~40cmの花茎を直立させ、
5~10個の花をつける。

葉柄は長く、葉は楕円形でしわが多く、
縁に浅い切れ込みがあり、葉や茎に白い軟毛が生える。

花は直径2~3cmほどで、
花弁が5個に深く裂け

さらに各弁が半分近く裂ける。

淡紅色でまれに白花もある
花後、球形の蒴果を結ぶ。

新しい根茎は地際にでき、
梅雨明けの頃、葉が枯れて休眠する。

夏の暑さと乾燥には弱いが、
日本の気候風土に合っており、
花は美しく清楚である。

季節・日常の手入れ

 ポイント

花が咲き終わったら、
根元を隠すような感じで
株元に土を寄せて盛ります。

この作業を「増し土」といいます。

サクラソウは地際に新しい根茎をつくって、
翌春そこから芽を出します。そのまま何もしないと、
根茎の一部が地表に露出したままになり、乾燥して弱ります。

増し土は新しい根茎を乾燥から保護する大切な作業です。

日当たり・置き場所 

芽が出て花が咲き終わる頃まではよく日に当てて育てます。

やや暑さを嫌がるので夏の間は風通しのよい明るい日陰で育てます。

野生種以外は雨に当たると葉や花が傷むことが多いので気をつけましょう。

寒さには強いので、防寒対策は特にいりません。

水やり・肥料 

 ポイント

川岸などに自生する植物で、
湿り気のある土壌を好みます。

乾燥させないことが大切です。

水やりは土の表面が乾いてきたらたっぷり与えましょう。

芽が出てから花が咲くまでの間は特に水をほしがるので、
水切れに注意して多めに水を与えます。

冬の休眠期はさほどすぐ乾かないので、
水やりは回数を控えます。

肥料は芽が出てから花が咲き終わるまで、
液体肥料を1週間に1回与えます。

肥料を与えるとそれだけ葉も大きくなりますが、
逆に風情がなくなります。

また、肥料過多になると根が腐ることがあるので気をつけます。

用土

水はけのよい用土が適しています。

鹿沼土7:軽石砂3の割合でまぜた用土など。

植え替え・植え付け

植え付け深さ植え替えの適期は冬です。

ただし、厳寒期の作業は避けましょう。

5号鉢に4芽くらいが目安です。

鉢底に大粒の軽石を多めに敷いて水はけをよくします。

古い土をよく洗い流して、鉢の中に根を浅く広げ、
芽は先端が心持ち上に向く感じで横向きにして植えます。

土は芽先に2cmほどの厚さかぶせるようにします。

地植えは、野生種や強健な園芸品種を選びます。

植え付ける場所は落葉樹の下が適しています。

ふやし方

植え替え時に株分けするほか、
タネから育てることができます。

タネまきは花後にできるタネを採取し(6月頃)、
湿らせた砂の中に入れて冷蔵庫などで保存して
翌年の3月頃にまきます。

タネを乾燥させると極端に発芽率が落ちます。

早ければタネをまいた翌年から花を咲かせます。

かかりやすい病害虫

害虫 アブラムシ

茎葉、花にアブラムシが発生します。

見つけ次第薬剤を散布して駆除します。

まとめ 

乾燥に弱いので、水切れに注意する

暑さが苦手なので、夏は風通しのよい半日陰に
花後は必ず増し土をする

・桜草(さくらそう)科。

・学名
  Primula sieboldii
   Primula : サクラソウ属
   sieboldii :
      日本植物の研究者
     「シーボルト」さんの

 Primula(プリムラ)は、

 「primos(最初)」が語源。
 早春、花が他に先駆けて
 咲くことから。
 学名 P へ


・開花時期は、

4/15 ~ 4/末頃。
・日本原産。園芸品種多数あり。
・都会ではほとんど見かけないが
 植物園でよく植えられている。

出典 http://www.hana300.com

日本サクラソウが咲いています!

西洋サクラソウが咲いています!

1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

人気記事ランキング

新着記事

最新人気記事情報!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録